PR

 米Apple(アップル)は2022年7月1日、パソコンシリーズ「Mac」を除く主要製品を日本で一斉に値上げした。スマートフォンの最新機種「iPhone 13」は税込み9万8800円から同11万7800円となり、1万9000円上がった。急速に進む円安が背景にあり、価格上昇につながったとみられる。

 タブレット端末の「iPad」は最も安価な設定で税込み3万9800円から同4万9800円となり1万円上昇した。iPadシリーズで最も高価な「12.9インチ iPad Pro」の2TBセルラーモデルは税込み27万9800円から同34万6800円と6万7000円高くなった。腕時計型端末「Apple Watch」やワイヤレスイヤホン「AirPods」も各機種をそれぞれ値上げした。

 値上げの対応について、携帯大手のNTTドコモは「現時点で決まっていることはない。市場や顧客の反応を見て対応していきたい」(広報)、KDDIも「現時点で決まっていることはない」(広報)としている。