PR

 KDDIの携帯電話回線で2022年7月2日午前1時35分に発生した通信障害について、同社は7月4日午後4時時点で「音声通話・データ通信含め全国的にほぼ回復している」と明らかにした。「ほぼ復旧したと確認できているが、障害発生前の状態に戻ったかどうかを確認しているところ」(広報)としている。回復していると確認されれば、障害発生から2日半あまりでの全面回復となる。

 今回の通信障害では7月2日未明からネットワークの輻輳(ふくそう)が続いており、7月4日になっても音声通話について50%の流量制御を実施していた。これについて7月4日午後4時時点では「ネットワークの負荷が低減できているほか、それに伴い流量制御も停止したため回復につながった」(広報)としている。