PR

 ヤフーは2022年7月6日、インターネットショッピングサービスである「Yahoo!ショッピング」と「PayPayモール」を10月に統合すると発表した。これまではグループの各種サービスからの送客が分散するという課題を抱えていたが、Yahoo!ショッピングに一本化し、グループとしてのシナジー(相乗効果)をより引き出す。

 新たなYahoo!ショッピングは、利用者からの支持が高い「優良ストア」の基準を引き上げ、検索結果の一覧から見つけやすいようにアイコンを使って訴求する。2022年10月の統合に先駆け、8月ごろから、現行のYahoo!ショッピングの検索結果において、店舗が注文の当日から翌々日までに配送する「優良配送」の対応商品を分かりやすく表示する取り組みも始める。

 ヤフーはインターネットショッピングサービスとしてYahoo!ショッピングとPayPayモールをそれぞれ手掛けているが、一部の利用者から「デザインや機能、キャンペーンなどの違いや、コンセプトの違いが分かりにくい」といった意見が寄せられていたという。

 新生Yahoo!ショッピングは現行サービスと同じように、初期費用や毎月の固定費、売り上げのロイヤルティーは無料だ。店舗の販売活動の一環で展開するYahoo!ショッピング内外の広告出稿費用やYahoo!ショッピングが主催する利用者向けキャンペーンの参加費用、希望する店舗に対する新たな販売促進支援策の手数料を徴収するビジネスモデルを採用する。