東京大学は2022年6月27日、足先と連動して仮想現実(VR)空間で動く第3・第4の腕を、被験者が自分の身体のように知覚する「身体化」を確認したと発表した。自分の腕が増えるといった身体機能の付加による知覚変化を捉えた例は世界でも珍しい。研究は慶応義塾大学、豊橋技術科学大学と共同で行った。

 実験では16人の健常者が頭・腰・両手足に動きを捉えるセンサーを装着し、ヘッドマウントディスプレー(HMD)を通じてアバター目線の映像を見ながら、VR空間にいるアバターを操作した。アバターは普通の身体に加えて、背中の後ろから腹の横を通るように伸びた第3・第4の腕を持つ。余分な腕の触覚はデバイスによって、腕を操作する被験者の足先に再現される。

VR空間のアバター
VR空間のアバター
(出所:東京大学)
[画像のクリックで拡大表示]

 被験者は第3・第4の腕でボールを触る課題に取り組んだ後、身体感覚に関する7段階評価のアンケートに回答した。その結果、余分な腕を自分の身体のように感じる「身体所有感」、ある行為が自身の企図に応じたものだと感じる「行為主体感」、ある対象に自身が重なって存在するように感じる「自己位置感覚」が生じたと分かった。加えて、第3・第4の腕を持つ前後で計測した視覚や触覚情報に対する応答時間のデータからも、知覚変化が示唆された。

アバターを動かしてボールを触る様子
アバターを動かしてボールを触る様子
(出所:東京大学)
[画像のクリックで拡大表示]