PR

 バンダイナムコホールディングスは2022年7月13日、日本を除くアジア地域を拠点とする複数のグループ会社の社内システムが第三者による不正アクセスを受けたと発表した。被害の拡大を防ぐため、不正アクセスを受けた可能性のあるサーバーへのアクセス遮断などの対応を実施している。サーバーやパソコン内には、日本を除くアジア地域のトイホビー事業関連の個人情報が含まれていた可能性がある。

 同社は7月3日に不正アクセスを確認した。公表が7月13日となったのは「調査に時間を要したため」(同社広報)という。ランサムウエアによるサイバー攻撃とみられるものの、不正アクセスについて「詳細は伝えられない」(同社広報)とする。

 今後の対応について「漏洩の有無、漏洩範囲の特定、原因の調査などを進めていく」と同社広報は話す。加えて、外部機関とも連携してグループ全体のセキュリティーを強化し、再発防止策に取り組むとしている。