PR

 千葉県南房総市は2022年7月19日、同市内の全小中学校の学校業務で利用するサーバーがランサムウエア攻撃を受けたと発表した。児童・生徒の個人情報や教職員の人事情報など、学校業務で利用する情報が暗号化され閲覧できなくなった。7月20日時点で情報漏洩は確認されておらず、原因の調査を進めている。

 被害を受けたのは、市内の6小学校と6中学校の学校業務全般で利用している同市教育委員会のサーバー。小中学校が利用する校務ネットワークが不正アクセスを受けた。

 7月17日午前3時30分、サーバーの監視を委託している業者がサーバーの応答がないことに気付き調査したところ、ランサムウエア攻撃を受けたことが明らかになった。ネットワークを遮断して警察に相談し、侵入経路などを調査している。

 同市教育委員会のサーバーには市内の全小中学生にあたる小学生1293人、中学生724人の個人情報(住所、氏名、保護者連絡先、成績、出席情報など)のほか、教職員の人事情報や教育活動の記録など、学校業務のデータが保管されている。現状、これらのデータを利用できない。原因の調査とともに、小中学校での入力用代替端末の用意といった対応を検討中という。