PR

 東京大学は2022年7月21日、DX(デジタルトランスフォーメーション)人材を育成するための教育プロジェクト「メタバース工学部」を始めると発表した。正式な学部ではない。学内外の学生や中高生、社会人らを対象とし、キャリア教育や工学教育、リスキリング(学び直し)などのプログラムを提供する。

 東大の工学部と大学院工学系研究科が中心となって推進する。具体的な取り組みは3つある。1つ目が、中高生や工学部生を対象とした工学キャリア総合情報サイトの設置と情報発信で、2つ目が中高生などを対象とした、オンラインと対面を組み合わせたジュニア工学教育プログラムの実施。3つ目が、社会人や学生を対象とした、AI(人工知能)や次世代通信などを教えるリスキリング工学教育プログラムだ。

 大学院工学系研究科の染谷隆夫研究科長は「DX人材の多様性を広げ、桁違いに人数を増やすため、(メタバース工学部は)文系や社会人、中高生、女性などを幅広く対象とする」と話す。Webサイトでの情報発信やオンラインコンテンツ提供のほか、メタバースなどの先端技術を活用し、年齢やジェンダー、立場、居住地などを問わず学べるようにするとしている。

 中高生と学生の受講料は無償である。東大は資金面などで支援する協賛企業を募集中で、現在6社程度と協議中という。協賛企業関係者らを対象に2022年秋からリスキリング工学教育プログラムを始める。