ミスミグループ本社(以下、ミスミ)と、コアコンセプト・テクノロジー(以下、CCT)は、合弁会社「DT ダイナミクス」を設立すると発表した。ミスミが提供している機械部品調達サービス「meviy(メヴィー)」のシステム開発力を強化するのが狙いだ。

機械部品調達サービス「meviy」
機械部品調達サービス「meviy」
(画像:ミスミ)
[画像のクリックで拡大表示]

 製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を掲げるCCTは、3D形状データの処理技術などに強みを持つ。新会社はCCTの技術力と、ミスミがこれまで培ってきたノウハウとを掛け合わせ、meviyの既存サービスの強化および新サービスの開発を加速させる。

 新会社の設立は2022年9月1日付け。資本金は1億円で、ミスミ(正確にはミスミグループ本社の子会社であるミスミ)が66%を、CCTが34%を出資する。

 新会社の会長と社長には、meviy事業をけん引してきたミスミの常務執行役員である吉田光伸氏と、同meviy推進本部meviyシステム開発ジェネラルマネジャーの道廣隆志氏がそれぞれ就任する。取締役としてCCTのCTO(最高技術責任者)の田口紀成氏も加わる。