PR

 米IBMは、世界の企業を対象としたAI導入状況調査リポート「Global AI Adoption Index 2022(世界のAI導入状況 2022年)」日本語版を発表した。AIの活用は着実に進んでいるものの、専門知識の欠如など活用を妨げる課題も見えてきたという。

ニュースリリース 世界のAI導入状況 2022年

 このリポートは、世界の企業経営者7502人に対して行った聞き取り調査を基にまとめたもの。AIを既に活用している企業の割合は35%と、前年(2021年)の調査から4ポイント増加した。さらに、42%の企業がAIの導入を検討している。リポートでは、AIがより実装しやすく、利用しやすいものになってきたとし、この結果は、企業が新型コロナウイルス感染症拡大による課題に取り組み、デジタル化に投資を行う中で、AIの価値を認識し始めたことの表れだとしている。

 一方で、いまだAIを利用する上での障壁が残っていることもうかがえた。その理由としては、「AIの専門知識が不足している」(34%)、「料金が高い」(29%)、「AIモデルを開発するツールやプラットフォームがない」(25%)といった回答が多かった。

 調査では、この他に以下の点も判明した。

<AI導入傾向>
 国別では、中国やインドの企業で高く、業界別では、金融サービス、メディア、エネルギー、自動車、石油、航空宇宙などで積極的に導入されている。

<AI未導入理由>
 AIを導入しない企業の多くが、その理由として、AIで分析すべきデータやデータ管理ツールがないと回答。データ管理とAI導入が密接に関連していることを示す結果となっている。

<AI導入のメリット>
 AI導入企業の4社に1社が、労働者不足やスキル不足解消を目的にAIを導入し、従業員の時間節約が可能になったと回答している。

<AIの信頼性>
 AIを実装する企業の多くがAIの信頼性確保が重要だと認識しているが、過半数の組織では、そのための措置を行っていない。

<AIと持続可能性>
 3分の2の企業が持続可能な企業運営にむけてAIを導入が必要だと考えている

<AIの用途>
 AIの用途として、IT運用、セキュリティーや脅威検知、ビジネス・プロセスの自動化などを挙げる企業が多い。

AIの用途(出所:IBM)
AIの用途(出所:IBM)
[画像のクリックで拡大表示]