北海道電力とITコンサルティング会社のアバナードは2022年7月26日、MR(複合現実)を活用した巡視点検業務用のアプリケーション(以下、巡視点検アプリ)を共同開発し、火力発電所で使い始めたと発表した。MR活用の巡視点検アプリを火力発電所で使うのは、国内初という。

 同アプリは米Microsoft(マイクロソフト)のMR装置「HoloLens(ホロレンズ) 2」をベースとした、ニコン・トリンブル製のヘルメット一体型機器「Trimble XR10」で動作し、マイクロソフトのクラウドサービス「Azure Spatial Anchors」を使って空間認識を行う。全地球測位システム(GPS)やビーコンなどを用意しなくても、HoloLens 2とAzure Spatial Anchorsだけで、約2キロメートルに及ぶ巡視点検のナビゲーションが可能という。

MRを活用した巡視点検業務の様子
MRを活用した巡視点検業務の様子
(出所:北海道電力)
[画像のクリックで拡大表示]

 HoloLens 2内に表示された順路に沿って移動していくと、同アプリは現在地に対応した作業指示や参考資料を自動的に表示して巡視点検を支援する。今後は他の火力発電所への展開も検討している。

 北海道電力はトラブル未然防止のため、定期的に火力発電所設備の巡視点検を行っている。設備異常の早期発見するには、多くの経験とノウハウが要る。そのため巡視点検の技術を効率的に継承していくことが課題となっていたという。

 課題解決に向け、発電所員が職場内研修や実務で習得していた巡視点検に関する技術について、MRを活用して巡視ルートや点検内容を明確にすることで、業務の標準化や可視化を可能にするアプリを開発することとした。アプリの設計や開発、プロジェクト管理はアクセンチュアが参画し、北海道勇払郡厚真町にある苫東厚真発電所の現場環境下でアプリを開発した。