ミクシィは2022年7月28日、屋内型のトラッキングシステムを活用した競輪レース映像の配信を始めると発表した。自転車の位置情報をリアルタイムで測位し、レース映像に選手の走行位置や速度を表示する。千葉市が主催する競輪イベント「PIST6 Championship」で、2022年7月30日の開催から導入する。

開発中の配信映像のイメージ
開発中の配信映像のイメージ
(出所:ミクシィ)
[画像のクリックで拡大表示]

 イベント会場に位置情報を収集するためのアンテナを24台設置した。同アンテナは自転車の車載カメラに搭載された小型センサーの電波を通じ、各自転車の位置情報を収集してサーバーに送る。独自開発した映像編集サーバーを使い、集計データからコースマップと各自転車の走行位置、速度をリアルタイムで表示する映像を生成する。

 同システムを使った映像配信は、PIST6 Championshipにおいてネット中継で始める。ミクシィによると「センサーの電波を使ったトラッキングシステムの活用は、日本の公営競技では珍しい」。今後はほかのスポーツ領域での活用も検討する。