PR

 ソフトバンクは2022年7月27日、ドローンの飛行ルートやLTEの電波状況を3次元地図上に事前にシミュレーションし、それに基づいて橋梁の被災状況をドローンで確認する実証実験を同月13日に実施したと発表した。離陸場所である和歌山県すさみ町の防災センターからすさみ大橋までの往復8kmをドローンが自動飛行し、搭載したカメラで被災地として想定するすさみ大橋の映像を撮影し、破損の有無などを確認した。

 実験の流れはこうだ。まずドローンで地形を測量し、3次元地図を作製する。地図を基に飛行ルートを設計、ドローン運行管理システムで飛行ルートをシミュレーションし、安全性を確認する。次に電波伝搬シミュレーションを使って、ルート上のLTE電波環境を確認し、飛行ルートを決定する。これらの事前準備を済ませた上でドローンを自動飛行させ、被災地の状況を確認する。

 実証実験で重要な役割を果たしたのが、グリーンレーザー技術を活用した測量だ。アミューズワンセルフのレーザースキャナーで3次元測量をし、3次元地図を作製した。従来は現地調査や複数回のテスト飛行などで詳細を確認してからドローンの飛行ルートを決定するが、3次元地図を用いた事前のシミュレーションによってドローンの飛行準備作業を効率化することが今後期待できるという。

 この実証実験では被災が発生したと想定する時間から1時間でドローンを稼働させ、その30分後にはすさみ大橋の様子を確認できた。災害現場の目視確認など危険を伴う作業を、ドローンが人間の代わりに速やかに実施できることが分かった。

ドローン向けのレーザースキャナー「TDOT 3 GREEN」(左)と3次元地図のイメージ(右)
ドローン向けのレーザースキャナー「TDOT 3 GREEN」(左)と3次元地図のイメージ(右)
(出所:ソフトバンク)
[画像のクリックで拡大表示]