PR

 総務省は2022年7月28日、KDDIと連結子会社である沖縄セルラー電話で発生した通信障害に関する重大な事故報告書を受領したと発表した。KDDIと沖縄セルラー電話では7月2日午前1時35分から4日午後3時までの計61時間25分、一部サービスが停止。音声通話とデータ通信が利用しづらい事象が全国で続いた。

 総務省の発表資料は原因について以下のように記している。KDDIの全国中継網のルーターのメンテナンス作業中、誤設定のためルーターを経由する一部トラフィックが通信断になった。これによって端末の位置登録要求の信号が大量に発生した。一部の音声交換機に輻輳(ふくそう)が発生し、KDDIと沖縄セルラー電話の全国ネットワークに連鎖的に輻輳が波及した。

 影響を受けた利用者数は、KDDIが音声通話で約2278万人、データ通信で765万人以上、沖縄セルラー電話がそれぞれ約38万人、10万人以上と推計している。のべ3090万人超が影響を受けた計算だ。