PR

 中国NIO(上海蔚来汽車)の充電サービス部門であるNIO Powerは2022年7月29日、ハンガリー・ペシュトのNIO Power Europe工場が9月に操業を開始すると発表した。約1万m2の新工場は、NIOの最初の海外工場であり、電力製品の生産と、サービスおよび研究開発の拠点として機能する。主な業務は、電池交換ステーションの設置とアフターサービス、欧州での電力事業のトレーニング、電力製品の研究開発などとなる。

ハンガリー外務・通商大臣Peter Szijjarto氏も出席した発表会
ハンガリー外務・通商大臣Peter Szijjarto氏も出席した発表会
(写真:上海蔚来汽車)
[画像のクリックで拡大表示]

 NIOは充電式の電気自動車(EV)だけでなく、電池交換可能なEVを生産、販売している。電池交換式の利点は、電池の交換時間が短いため、出先での電力補充が容易なことだ。しかし、欧州で販売されているEVはほとんどが充電式であり、電池交換用のステーションが少ない。NIOは、電池交換ステーションの新設やサービス事業を手掛けることで、電池交換式EVの普及を狙う。

 NIOは欧州で2021年からノルウェー市場に参入しており、2022年後半にはドイツ、オランダ、スウェーデン、デンマークにもEVを投入し、電池交換ステーションを含めた関連サービスを展開する予定だ。