PR

 NRIセキュアテクノロジーズ(NRIセキュア)は2022年8月4日、工場の設備などを制御・運用するためのシステムのセキュリティーを可視化・監視するマネージドサービス「マネージドNDR(Nozomi Networks for OT/IoT)」の提供を開始すると発表した。

 新サービスでは、スイスに本社を置くNozomi Networks(ノゾミネットワークス)が提供する、工場システム向けのセキュリティー製品「Nozomi Guardian」を用いて、システムの可視化や異常検知、分析、インシデント対応の優先順位付け(トリアージ)から、設定のチューニング、保守サポートまでを一括して提供。工場システムのセキュリティー強化を支援する。

 工場システムの稼働に影響を与えない形でNozomi Guardianを監視対象の工場ネットワークに導入し、工場システムの設備や端末などを可視化したうえで異常が起きていないかどうかを24時間365日体制で監視。サイバー攻撃やシステムの異常を検知した際には、NRIセキュアのアナリストが導入企業の担当者に通知して対応を支援する。

 近年、国内外ではランサムウエアなどによる工場システムへのサイバー攻撃の被害が度々発生している。こうした状況下において、サイバーセキュリティ基本法によって重要インフラ分野のセキュリティー対策が義務化されるとともに、経済産業省では「工場セキュリティガイドライン」の作成が進むなど、事業者に求められるセキュリティー要件の水準が一段と高くなっている。