PR

 香港科技大学(The Hong Kong University of Science and Technology、HKUST)は2022年7月28日(現地時間)、世界初とするメタバース空間内デジタルツインキャンパス「MetaHKUST」を同年9月に開設すると発表した。香港と広州、2キャンパスの講義に、XR(拡張現実)を使ってどこからでも参加できるようになるという。

[画像のクリックで拡大表示]
(出所:HKUST)
(出所:HKUST)
[画像のクリックで拡大表示]
関連プレスリリース: HKUST to Launch World’s First Twin Campuses in Metaverse

 MetaHKUSTでは、学習環境の提供のみならず、全学生、教職員、卒業生が創造的、革新的な活動を行うためのプラットフォームとして機能することを目指すとしている。

(出所:HKUST)
(出所:HKUST)
[画像のクリックで拡大表示]

 初期段階では、XR用の教室を用意し、センサー、カメラ、その他仮想化に必要なツール類を導入。その後、大学メンバーも参加して、キャンパスのデジタルツイン構築に必要な各自のアバターやNFT(偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ)、イメージ画像などのコンテンツを作成する。これらの一部は、実在のキャンパス内でも、AR(拡張現実)などを用いて利用できる。

(出所:HKUST)
(出所:HKUST)
[画像のクリックで拡大表示]

 学内の情報交換や各種手続きなども、より便利になる。卒業証書や成績証明書はブロックチェーンで保護され、NFTの形で授与されるほか、卒業式などのイベントも、物理空間、仮想空間どちらでも参加可能となる。

 同大学ではこれらを実現するため、物理/仮想空間でのガバナンスを定義し、デジタル資産に関する規則も設定。技術的な問題も解消しながら、開発を加速している。

 広州キャンパスでは、2400平方フィート(約223平方メートル、テニスコートのシングルよりやや大きめ)のXR教室が2022年9月まで完成予定となっている。今後、香港側のClear Water Bayキャンパスにも同様の環境を準備し、実際の校舎でも仮想校舎でも、同じ講義を同時に行うことが可能になるとしている。

[画像のクリックで拡大表示]
(出所:HKUST)
(出所:HKUST)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、メタバースを使った教育プログラムについては、東京大学が2022年秋からの開講を発表している。