PR

 トヨタ自動車は2022年8月10日、同年9月の生産計画を発表した。グローバルで85万台程度を見込んでおり、内訳は国内が約25万台、海外が約60万台となる。

 同社は2022年7月19日、同年8~10月の世界生産台数計画について月平均で約85万台と発表していた。今回の9月の世界生産台数は、この計画に沿ったものになる。

 2022年9~11月の世界生産台数については、月平均で90万台程度を計画する。「高い計画の立案だが、部品供給の状況や仕入先の人員体制・設備能力などを慎重に確認した」(同社)と説明する。

 トヨタの2022年8月の世界生産計画は70万台程度であり、内訳は国内が約20万台、海外が約50万台である。同社が年初に仕入れ先に伝えた計画台数に比べると、国内で約5万台、海外で約10万台の減産となる。

 これに対して9月の世界生産は当初の計画に沿ったものであり、部品不足による生産制約からの回復の兆しが見えてきた。2022年度通期(2022年4月~2023年3月)の世界生産計画も、これまでの見込み(約970万台)から変更はないという。

 なお、国内の完成車工場では2022年9月も、全14工場(28ライン)のうち元町工場(愛知県豊田市)の3ラインで生産調整を行う()。「GRヤリス」を生産するラインでは、9月1~30日の間に9日間稼働を止める。残りの2ラインの停止期間は4日となっている。

国内完成車工場における生産調整計画(2022年9月)
表 国内完成車工場における生産調整計画(2022年9月)
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]