PR

 「近接覚センサー」のロボットへの活用によりソリューション提案や開発支援、プロダクト開発・販売などを手掛けるThinker(シンカー、大阪市)が2022年8月12日に発足した。近接覚センサーはロボットのハンドに装着し、ハンドにより把持しようとする対象物との距離と傾きを同時に計測できる技術()。大阪大学基礎工学研究科システム創成専攻の小山佳祐助教が開発した。Thinkerの代表取締役には、アシストスーツ開発・販売のATOUNを立ち上げた藤本弘道氏が就任した。

図 Thinkerが手掛ける近接覚センサー
図 Thinkerが手掛ける近接覚センサー
ロボットのハンドに装着し、把持しようとする対象物との距離と傾きを同時に計測する。(出所:Thinker)
[画像のクリックで拡大表示]

 ロボットのハンドが対象物に接近して接触する直前、ロボットの視覚センサーからは対象物がハンドの陰になって見えなくなるタイミングが生じる場合がある。このときに安全のためロボットの動作スピードを抑えなければならないのが課題になっている。同社は近接覚センサーの応用によってこの課題を解決し、臨機応変な素早いピックアップ動作が可能なロボットの実現や、ロボットのティーチング作業の軽減といった効果を見込む。

 透明な物体や鏡面を持つ物体も検知できるのが特徴。サンプルの提供を2022年9月末ごろに開始する予定。