ホームセンター大手のカインズは2022年8月16日、無人店舗「CAINZ Mobile Store」による実証実験を同年9月1日に開始すると発表した。会計のスムーズさ・正確さ、課題の有無などを確認するのが狙いだ。

 事前にスマートフォンで専用アプリをダウンロードしておけば、来店時に入り口のゲートにアプリのQRコードをかざすだけでレジでの会計が不要になる。店内のAI(人工知能)カメラが来店客の動きを解析し、手に取った商品をリアルタイムで認識する。出口ゲートを通った際に決済が完了する仕組み。購入済み商品の詳細はアプリで確認できる。

 実験で利用するのは、無人店舗向けソリューションで実績がある米AiFi(アイファイ)の技術。AiFiが日本の企業と組むのは初めてだという。

 CAINZ Mobile Storeは埼玉県本庄市にあるカインズ本社の1階ロビーに設置し、従業員だけが利用できる。扱う商品は日用品など約200アイテム。実証期間は少なくとも6カ月間で、その後の展開は実験結果を踏まえて検討するとしている。

店内上部には31台のカメラが設置される
店内上部には31台のカメラが設置される
(出所:カインズ)
[画像のクリックで拡大表示]