PR

 米onsemi(オンセミ)は2022年8月、米ニューハンプシャー州ハドソンの工場内に、シリコンカーバイド(SiC)生産新棟を落成したと発表した。この新棟ではブールと呼ばれるSiCの結晶の塊を生産する。新棟竣工により、全社のSiCブール生産能力は前年比約5倍に伸びるという。ハドソン工場の従業員数も約4倍になる。同社はSiC関連の業績が好調で、第2四半期決算説明会によれば、SiC関連収益は2022年に前年比約3倍を見込んでいる。

式典中のテープカット
[画像のクリックで拡大表示]
式典中のテープカット
(出所:onsemi)

 SiCは、次世代のパワー半導体材料の1つで、現在のシリコン(Si)を用いたパワーデバイスと比べて損失の低減や周辺部品の小型化が見込める。これまで、太陽光発電システムやハイエンド電気自動車(EV)のインバーターなどで採用実績があり、今後普及が進む。オンセミによると、SiCの市場規模は2021年から2026年の5年間で20億米ドルから65億米ドルに、年平均成長率33%で拡大する予測もあるという。

 今回オンセミが新設したのは、第2棟。以前からある第1棟ではSiCデバイスとSiCブールを生産していたが、新たな第2棟ではSiCブールを集中生産する。オンセミによると第2棟には、ブール生産用の炉を設置するスペースがまだあり、今後増築して生産能力をさらに高めるという。

 オンセミはSiCの世界シェア5位(金額ベース、2021年)につける。同社のSiCモジュール「VE-Trac Direct SiC」は、中国の電気自動車(EV)メーカーNIO(蔚来汽車)のEVインバーターへの搭載が決まるなど、販売は好調。今回の工場新設で勢いをつける。2023年にはSiC売上高10億米ドルを超える見込みという。