PR

 日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(日本シーサート協議会、NCA)は2022年8月18日、企業・組織が不審メールへの対応を訓練する際に活用できる手引書「メール訓練手引書一般公開版 (ver.1.0)」を一般公開した。どんな組織でもメール訓練を実施できるように、従業員向けメール訓練の方法や目標設定、評価方法などをまとめたという。

 NCAは加盟組織が実施しているメール訓練に関する課題や問題を共有し、効果的なメール訓練手法を検討するワーキンググループ活動に取り組んでいる。公開された手引書はNCA内で展開していたメール訓練手引書第3版を一般向けに再編集したものだ。

 同手引書は、メール訓練を実施する組織のCSIRT(Computer Security Incident Response Team)のメンバーや組織のセキュリティー担当者向けである。A4サイズ73ページで構成され、メール訓練時に必要な検討要素などを、計画や準備、実施といった工程ごとに解説している。