熊谷組と京セラ、NECは2022年8月22日、災害時の補修作業などを遠隔で行う「無人化施工」において、建設機械との通信手段にローカル5G(第5世代移動通信システム)を活用する実証実験を実施したと発表した。高画質な車載カメラ映像や建機の傾き、振動などの情報を、5Gによって高速かつ低遅延に伝達できる。これにより、遠隔で実行できる作業の幅が広がる。

実証実験に使用した不整地運搬車
実証実験に使用した不整地運搬車
(出所:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]

 同年6月に熊谷組技術研究所(茨城県つくば市)の屋外実験場で実証実験を実施した。不整地運搬車が所定のルートを時速5kmほどで走行し、その間のデータ転送量(スループット)や遅延時間をリアルタイムで計測した。その結果、走行中も高い上りリンクスループットと低遅延を実現できていたという。「期待通りの良好な結果」(熊谷組)という。

* 3社の発表資料からは、上りリンクスループットで50~60Mbps、遅延時間で50ミリ秒未満を達成していたとみられる。

 システム構成は以下。熊谷組技術研究所内の本館と土質実験棟にNEC製のローカル5G基地局を設置し、基地局から実験棟内のサーバーを経由して、同所内の遠隔操作室の通信機器まで回線を接続した。一方、不整地運搬車には京セラ製のローカル5G対応通信デバイス「K5G-C-100A」を搭載。車載カメラの映像をネットワークの上り回線を通じて伝送し、遠隔操作室のモニターに表示させた。映像を見ながら同室に設置したジョイスティックで車両を遠隔操作する。

実証実験のシステム構成
実証実験のシステム構成
(出所:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]

 今後は、複数の建設機械を同時に接続した際のスループットや遅延時間を計測したり、社外環境で遠隔操作したりといった実証実験を重ねて実用性を確かめる。「実用化の時期は未定」(熊谷組)。