PR

 アステリアやサイボウズなどの7社は2022年8月31日、「ノーコード推進協会」を9月1日に設立すると発表した。中堅・中小企業らがノーコードを活用し、業務アプリケーションなどを開発できる環境づくりを支援する。

代表理事に就任するアステリアの中山五輪男CXO(上)と、副代表理事に就任するサイボウズの青野慶久社長(下)
代表理事に就任するアステリアの中山五輪男CXO(上)と、副代表理事に就任するサイボウズの青野慶久社長(下)
(画像:設立発表会の配信映像を日経クロステックがキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 同協会では、ノーコードによるDX(デジタルトランスフォーメーション)を広げるための情報発信や普及啓発などに取り組んでいく。具体的には、イベントやセミナーの開催、関連調査、「日本ノーコード大賞」のような表彰制度の開催などを計画する。2022年末までに30社の加盟を目指すという。

 同協会の代表理事にはアステリアの中山五輪男CXO(最高変革責任者)、副代表理事にはサイボウズの青野慶久社長と日本DX推進協会の森戸裕一代表理事が就任する。中山CXOはこれまでの開発がベンダーに外注する文化であったと指摘し、「自社でノーコード開発する思考を広めることで、ソフトウエア文化を変えたい」と意気込みを語った。