スカパーJSATとNTTワールドエンジニアリングマリン(NTT-WEマリン)は2022年8月31日、内航船舶向け定額制衛星通信サービス「JSATMarine Light(ジェイサットマリン ライト)」の提供を開始することで合意したと発表した。

 「JSATMarine Light」は、スカパーJSATが2022年1月に開始した海洋ブロードバンドサービス「JSATMarine(ジェイサットマリン)」を内航船舶向けに通信エリアや契約プランを最適化したもの。NTT-WEマリンが提供するLTE網を用いた船舶用定額データ通信サービス「マリタイムモバイルA-Ⅱ(エースツー)」と組み合わせることで、海上における安定した船陸間通信の実現を図る。

 2つのサービスを組み合わせた場合、LTE網の圏内では下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsの通信が可能。LTE網圏外では自動的に「JSATMarine Light」の回線に切り替えることで、下り最大6Mbps、上り最大1Mbpsの通信を継続して利用できる。

衛星回線とLTE網の切り替えイメージ
衛星回線とLTE網の切り替えイメージ
(出所:発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 スカパーJSATとNTT-WEマリンは、「衛星通信とLTE網を組み合わせた“途切れない通信”により、運航管理や舶用機器監視のリアルタイム化、荷主向けの積み荷情報の提供、さらに船員の労務環境改善や福利厚生向け通信の拡充に貢献する」としている。

発表資料