旭化成グループの米Celgard(セルガード)は、米American Battery Factory(アメリカン・バッテリー・ファクトリー、ABF)と、リチウムイオン2次電池の関連製品開発についての戦略的提携契約を締結した。正極にリン酸鉄リチウムを使用する角型リチウムイオン2次電池(LFP電池)の実用化に向けて共同開発を進める。

旭化成のプレスリリース

 CelgardとABFは、LFP電池の次世代セルや関連する先端技術を共同で開発するとともに、米国内におけるLFP電池のサプライチェーン確保に向けた検討を進める。米国においてABFが必要とするセパレーターは、Celgardが100%供給する。ABFは、旭化成の樹脂製電池パック部材、断熱材料などの活用に向けた評価・検討も行う。

 Celgardは、旭化成傘下の米Polypore International(ポリポア・インターナショナル)の子会社。乾式セパレーターのトップメーカーであるCelgardと、LFP電池の製造を手掛けるABFが連携することで、米国内におけるLFP電池の生産・供給体制確立を目指す。