トナミホールディングス傘下のトナミ運輸は、水素燃料電池を搭載したフォークリフト(以下、FCフォークリフト)の試験利用を実施した。富山県の委託を受けた富山水素エネルギー促進協議会の実証事業に第1号のモニター事業者として参加した。

トナミホールディングスと富山水素エネルギー促進協議会のニュースリリース

 実証事業は、FCフォークリフトの新規需要創出を目的としたもの。トナミ運輸はカーボンニュートラルに向けた取り組みの一環として、二酸化炭素や窒素酸化物を排出しないFCフォークリフトの導入実証事業に参加した。2022年8月22日から1週間、同社富山支店(富山市)にFCフォークリフトを導入し、積み込み作業などに活用した。

 利用したFCフォークリフトは、約3分の水素充填(じゅうてん)で8時間稼働する。さらに、非常用電源としても使える。

FCフォークリフトによる積み込み作業(出所:トナミホールディングス、富山水素エネルギー促進協議会)
FCフォークリフトによる積み込み作業(出所:トナミホールディングス、富山水素エネルギー促進協議会)
[画像のクリックで拡大表示]