PR

 デジタル庁は2022年9月6日、電子政府の総合窓口「e-Gov」が閲覧しづらい状態になったと発表した。ロシアを支持するサイバー攻撃集団「キルネット」は同日、通話アプリの「テレグラム」にe-Govへの犯行声明を投稿していた。

テレグラムに投稿されたキルネットの犯行声明
テレグラムに投稿されたキルネットの犯行声明
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 e-Govは一時的に復旧したが、デジタル庁は9月7日正午に再度、電子申請やログインができない状況だと発表した。「現在対応中だ」(広報担当者)としており、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)と連携して調査・対応に当たっている。

 キルネットはe-Gov以外にも地方税の手続きサイト「eLTAX(エルタックス)」やジェーシービー(JCB)、ミクシィなどにも攻撃したとテレグラムで宣言している。ミクシィは大量のアクセスを検知し、調査・対応を進めているとした。同様にJCBも大量のアクセスを受けた。「(キルネットの犯行)声明自体は把握しているが、因果関係などは調査中」(同社)とする。いずれもDDoS(分散型サービス拒否)攻撃とみられる。