PR

 パナソニック インダストリーは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、名古屋大学、山形大学、秋田大学と共同で「超軽量電磁波遮蔽(しゃへい)材料」に関する研究を開始した。一般的な電磁波遮蔽材料であるアルミニウムと比較して、かさ密度が270分の1と小さい。2024年の実用化を目指す。

パナソニック インダストリーのニュースリリース

 宇宙分野においては、人工衛星などの軽量化のため、機体の数十%の質量を占める機内通信・給電用ケーブルを無線化する研究が進んでいる。その実現には、EMC(電磁両立性:外部に電磁ノイズの影響を与えず、自身も周囲の電磁波の影響を受けず動作する性能)を確保するための高度な電磁波遮蔽技術が必要となる。

 開発する材料は、名古屋大学が研究するカーボンナノチューブを用いた超軽量材料と、パナソニック インダストリーが保有する熱硬化性樹脂の配合設計を組み合わせたもの。アルミニウムと同等の電磁波遮蔽性能を持ちながら、かさ密度は0.01g/cm3と、アルミニウムの270分の1に抑えられる。材料の組成を変えることで、遮蔽する電磁波の周波数帯域も変更できるほか、電磁波を吸収する性質もあり、半導体などが自ら発するノイズにより特性劣化する現象も防止できる。

 人工衛星にとどまらず、ドローンや電動垂直離着陸機(eVTOL)、ミリ波帯やテラヘルツ波帯など新しい周波数帯の導入が進む5G・6G通信用設備、産業機械など、幅広い分野への適用を想定している。

「超軽量電磁波遮蔽材料」の研究では、名古屋大学が研究するカーボンナノチューブを用いた超軽量材料を活用する(写真:名古屋大学)
「超軽量電磁波遮蔽材料」の研究では、名古屋大学が研究するカーボンナノチューブを用いた超軽量材料を活用する(写真:名古屋大学)
[画像のクリックで拡大表示]