PR

 米Intel(インテル)は、RISC-VコアSoC(System on a Chip)の開発支援プログラム「Intel Pathfinder for RISC-V」を始めたと、2022年8月30日(現地時間)に発表した ニュースリリース 。このプログラムでは、RISC-Vコアや、そのほかのIP(Intellectual Property)コアに加えて、開発環境やFPGAボードが用意されており、SoC開発支援だけでなくRISC-Vコアで稼働するソフトウエアの移植容易化にも寄与するという。

 現在、Pathfinder for RISC-VにはStarter EditionとProfessional Editionの2種類が用意されている(図1)。Starter Editionは無償で入手可能で、ホビーイストや教育機関、研究用途などでの利用を想定している。Professional Editionは広範なエコシステムパートナーによるサポートに加え、商用グレードのIPコアやソフトウエアが提供され、RISC-VコアSoC製品の開発が可能である。開発環境のホストにはLinuxとWindowsが利用できる(図2)。

図1 Starter EditionとProfessional Editionの2種類がある
図1 Starter EditionとProfessional Editionの2種類がある
(画像:Intel)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 開発環境のホストはLinuxとWindowsから選べる
図2 開発環境のホストはLinuxとWindowsから選べる
(画像:Intel)

 今回のIntelのニュースリリースには、Pathfinder for RISC-Vの多くのエコシステムパートナーが紹介されている。台湾Andes Technology(アンデス テクノロジー)は、64ビットRISC-Vコア「AX45MP」と64ビット・ベクトル・プロセッサー・コア「NX27V」を含むサブシステム「AE350 Platform」を、IntelのFPGA「Stratix 10 GX」が載った開発ボード上で利用できるようにした ニュースリリース 。米Cadence Design Systems(ケイデンス・デザイン・システムズ)は、Tensilicaブランドのビジョン/AI(人工知能)処理向けDSPコアを用意する。イスラエルCheck Point Software Technologies(チェック・ポイント・ソフトウエア・テクノロジーズ)は、セキュリティー機能を実現する組み込みソフトウエア「Quantum IoT Protect Nano Agent」を提供する ニュースリリース 。米CHIPS (Common Hardware for Interfaces, Processors and Systems) Alliance(チップス アライアンス)は、64ビットRISC-Vコア「Rocket core」を提供する。

 ドイツCodasip(コダシップ)は、同社の32ビットRISC-Vコア「L31」をIntelのFPGAで使える形で用意する ニュースリリース 。Intelが買収した英Codeplay Software(コードプレイ ソフトウエア)は、C++17ベースのプログラミングモデル「SYCL」を提供する。英Crypto Quantique(クリプト クワンティック)は、セキュリティーIPコア「QDID」を用意する ニュースリリース 。ドイツFraunhofer IMS(フラウンホーファー研究機構 マイクロエレクトロニックサーキットシステム研究所)は、独自拡張したRISC-Vコア「AIRISC」を提供する。

 英Imperas Software(インペラス ソフトウエア)は、「imperasRISCVvirtio」と呼ぶRISC-Vレファレンスモデルとシミュレーターを用意する ニュースリリース 。imperasRISCVvirtioを利用することで、RISC-VコアSoCで稼働するソフトウエアの開発が容易になるという。英IOTech Systems(アイオーテック システムズ)は、エッジ向けソフトウエアのプラットフォーム「Edge Xrt」を提供する ニュースリリース 。The Linux Foundation(ザ リナックス ファウンデーション)は、Zephyrプロジェクトに含まれるRTOSを用意する。米MIPS(ミップス)は、RISC-Vコア「eVocore」を提供する ニュースリリース

 カナダOpenHW Group(オープンHWグループ)は、32ビットRISCコアベースのMCU「CORE-V MCU」と64ビットRISC-Vコア「CORE-V CVA6」を用意する ニュースリリース 。米Siemens EDA(シーメンスEDA)は、プロトタイピングシステム「Veloce proFPGA/10M」を提供する。米SiFive(サイファイブ)は、64ビットRISC-Vコア「SiFive Performance P550」を用意する。米SoC.One(SoC.ワン)は、クラウドベースの開発環境「SoC.one Cloud」を提供する ニュースリリース 。台湾Terasicは、IntelのFPGA「Cyclone IV」が載ったFPGAボード「The Terasic Developer Kit for Intel Pathfinder for RISC-V」を用意する ニュースリリース