大林組と建設技術研究所、八千代エンジニヤリングの3社は2022年9月12日、建設資材の一種である「ボックスカルバート」について、設計者がパラメーターを入力することでBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)/CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の配筋モデルなどを自動生成するツールを共同で開発したと発表した。

自動生成ツールで作成したBIM/CIMの配筋モデル
自動生成ツールで作成したBIM/CIMの配筋モデル
(画像:大林組、建設技術研究所、八千代エンジニヤリング)
[画像のクリックで拡大表示]

 ボックスカルバートとは、箱の形をしたコンクリート構造物である。地中に並べて敷設することで、水路にしたり電力や通信のケーブルなどを通したりできる。ただ立体的で内部の配筋が複雑なため、3次元モデルを作成するにも多くの時間がかかりがちなことが課題だった。

 課題を解決するため、3社はボックスカルバートについて、採用する鉄筋の径やコンクリートのかぶりなど、必要最低限のパラメーターを入力することで、設計者が3 次元のCAD(コンピューターによる設計)ソフトを操作することなく、構造物や配筋のBIM/CIMモデルを自動生成できるようにした。既存の3次元 CADソフトでモデルを作成する場合と比べて、所要時間を10分の1以下に短縮できるという。

 自動生成したボックスカルバートの配筋などの3次元モデルは、設計の条件や注意事項などを施工段階や維持管理段階にまで確実に引き継げるようにもしている。このうち施工段階では、施工担当者がモデルを確認したり、必要に応じてパラメーターを入力することでモデルを修正したりできるようにしてあり、安全で高い品質の施工につなげていくという。