PR

 JR東日本は、大型自動運転バスを実用化する。2022年12月5日に気仙沼線の柳津駅・陸前横山駅間(4.8km)で定期運行を開始する。ドライバー不足への対応策として自動運転バスを活用する。

JR東日本のニュースリリース

 同社は、2018年度から大船渡線、2019年度から気仙沼線でBRT(Bus Rapid Transit)向け大型自動運転バスの実証実験を実施してきた。BRTは、連節バスとバス専用道、バス専用車線などの公共車両優先システム(PTPS)を組み合わせて速達性・定時性を確保しながら輸送能力を高めるシステムである。

 気仙沼線では、自動運転システムに加えて障害物を検出するセンサーや、手動運転バスとの安全なすれ違いを実現する交互通行システムなどを連携させる。安全性に直結する自車位置の推定には、RFIDタグ付きの磁気マーカーを活用する。専用道に埋設された磁気マーカーを読み込むことで自車位置を高精度に推定する。

 最高速度は60km/h。自動運転区間でもドライバーが乗務して安全管理に当たるほか、気候条件によっては手動運転に切り替える。

自動運転バスのイメージ(写真:JR東日本)
自動運転バスのイメージ(写真:JR東日本)
[画像のクリックで拡大表示]