PR

 飛島建設は、KDDIやKDDIスマートドローン(東京・港)と共同で、建設現場での全自動ドローンのレベル3飛行(無人地帯における補助者なし目視外飛行)を実現した。さらに、全自動ドローンによる地表面変位計測を検証した。今後、建設工事現場での活用に向けて技術開発を進める。

飛島建設のニュースリリース KDDIスマートドローンとKDDIのニュースリリース

 検証には、自動での発着や充電が可能なドローン「G6.0&NEST」(台湾・中光電智能機器人)と、LTE通信による運航管理システムを活用した。レベル3飛行の承認を得た上で、飛島建設がゴルフ場の地下で進めている「令和2年度北勢BP坂部トンネル工事(発注者:国土交通省中部地方整備局)」の現場でドローンを遠隔自律飛行させ、空撮を実施した。

 ドローンは、あらかじめ設定した3次元(3D)ルートに沿って空撮できる。空撮データは、自動でクラウドサーバーにアップロードする。この空撮データに対して、複数枚の写真から対象物の形状を3次元(3D)で再現するSfM(Structure from Motion)手法を用いることで3Dモデルを生成。これらを組み合わせることで、地表面の高精度な面的計測が可能であることを確認した。対空標識としては、地表に設置した変位検測用の全世界測位システム(GNSS)のアンテナを活用。全自動ドローンの計測結果とGNSSの計測結果を融合できることも確認した。地表面変位計測では、国際航業(東京・新宿)の技術協力を得た。

 飛島建設は今後、前述の工事で全自動ドローンを試験運用する予定。GNSSが利用できない条件でもドローンを活用できるように、空撮・変位計測システムの開発を進める。

空撮データから生成した3Dモデル(出所:KDDI)
空撮データから生成した3Dモデル(出所:KDDI)
[画像のクリックで拡大表示]