PR

 医療用人工知能(AI)開発などを手掛けるiSurgery(アイサージェリー、東京・中央)は、第三者割当増資で総額8000万円の資金調達を行った。調達した資金は、骨粗しょう症リスクを判定するAI医療機器の薬事申請に向けた開発に活用する。

iSurgeryのニュースリリース

 第三者割当増資の引受先は、AI特化型ベンチャーキャピタルであるディープコア(東京・文京)、ならびに同社とソフトバンク子会社のSTATION Ai(ステーション・エーアイ、名古屋市)が共同運営する「STATION Ai Central Japan 1号ファンド」である。骨粗しょう症は、骨がもろくなり、折れやすくなる疾病。大腿骨などを骨折した場合、歩行が難しくなり筋力が低下、要介護状態になる可能性もある。現在、日本における骨粗しょう症患者は約1300万人、関連する医療費や介護費は年間1兆円にのぼる。

 今後、AIと画像解析技術を使って、胸部X線写真から骨密度を推測する技術を開発する。一般的な健康診断時や診療時に撮影された胸部X線写真を2次利用し、骨粗しょう症の診断を行うことで、検診受診率を大幅な改善を図る。薬事申請に向け、自治体、検診・健診組織、医療機関での試験導入を進める。

胸部X線写真からAIで骨密度を推測し、骨粗しょう症リスクを判定する(出所:iSurgery)
胸部X線写真からAIで骨密度を推測し、骨粗しょう症リスクを判定する(出所:iSurgery)
[画像のクリックで拡大表示]