PR

 大阪ガスと京都大学防災研究所は、高精度な気象予測技術を確立するために共同研究を開始した。大阪湾岸エリアを対象とし、湾岸部に特有の「海陸風」など局地的な気象現象を観測・分析して予測精度を高める。成果は、防災や環境問題解決に生かす。

大阪ガスのニュースリリース

 研究では、大阪ガスが持つ気象予測技術や気象データと、京都大学防災研究所が持つメソスケール(中規模)気象学の知見を組み合わせて、大阪湾岸エリアの局地的な気象現象を観測・分析する。大阪ガスの気象予測の精度を検証し、シミュレーションを高解像度化するとともに、雲の発生過程などの物理モデルを改良して、気象予測精度を高める。

 共同研究で得られた成果を湾岸部の気象現象や都市気象・気候の関連性の解明に生かし、防災や環境問題解決に役立てる。併せて、人工知能(AI)による高精度化や自動化を取り入れた「AI気象予報」を開発。内閣府の「スーパーシティ及びデジタル田園健康特区における先端的サービスの開発・構築等に関する調査事業」に採択された大阪市夢洲地区での展開を目指すほか、大阪湾岸の施設に予測結果を提供するなど、大阪ガスグループ内でも活用する。

 大阪ガスは、2008年に独自手法による気象予測を開始。2013年から社内で予測結果を活用しており、2018年には気象予報業務許可を取得した。一方、京都大学防災研究所暴風雨・気象環境研究分野の教授の竹見哲也氏らは、局地豪雨をもたらす積乱雲の発達組織化過程をはじめ、メソスケール気象学の分野で研究実績を持つ。大阪ガスと京都大学防災研究所は2021年12月から、エネルギーの安定供給を目的として、極寒や猛暑などの現象を中長期的に予測する共同研究にも取り組んでいる。

湾岸エリアにおける気象予測のイメージ(出所:大阪ガス)
湾岸エリアにおける気象予測のイメージ(出所:大阪ガス)