PR

 米Oracle(オラクル)は2022年9月21日(米国時間9月20日)、プログラミング言語Javaの新版「Java 19」をリリースした。Javaの開発実行環境「Oracle JDK 19」もリリースしている。新版では数千の改良を施し、プラットフォームの機能強化をはじめ、パフォーマンスや安定性、セキュリティー面などを強化したという。

 オラクルは、Java 19の主なアップデートとして7つを挙げる。Java言語のアップデートと改善の項目では、パターンマッチング機能を強化する「レコード・パターン」(JEP 405)と「switchのパターン・マッチング」(JEP 427)が加えられた。またライブラリ・ツールの項目では、Javaランタイム外のコードやデータを簡単に呼び出せる「外部関数・メモリーAPI」(JEP 424)と、ベクトル計算をサポートする「ベクトルAPI」(JEP 426)が追加された。

 Java 19には軽量な並行処理の実現を目指すプロジェクト「Project Loom」から2つの機能が追加されている。それが「仮想スレッド」(JEP 425)と、「構造化された並行性」(JEP 428)である。前者は並列処理アプリケーションの作成や保守、監視の負担を軽減できるという。後者はマルチスレッドのプログラミングを簡略化して、異なるスレッドで実行される複数のタスクを1つの作業単位として扱える。ほかにもLinux/RISC-Vへの移植を容易にする「Linux/RISC-Vへの移植」(JEP 422)が追加されている。