PR

 ソフトバンクは2022年9月22日、「ドローン無線中継システムを用いた遭難者捜索支援システム」を東京工業大学の藤井輝也研究室と共同で開発したと発表した。雪山や山岳地帯における遭難者の救助を、より安全かつ円滑に実施できるようになるという。

 同システムは、遭難者の位置を特定して位置情報を提供する「遭難者位置特定システム」と、捜索者の位置情報を提供するシステムを組み合わせる。遭難者位置特定システムは、ドローンが無線中継局となり、山岳地帯などの通信圏外のエリアに臨時のサービスエリアを構築する。捜索者や捜索関係者はスマートフォンに搭載されているGPS機能を活用して、雪崩や地震によって雪や土砂に埋まった遭難者が持つスマホの位置情報を把握できるようになる。

ドローン無線中継システムを用いた遭難者捜索支援システムのイメージ
ドローン無線中継システムを用いた遭難者捜索支援システムのイメージ
(出所:ソフトバンク)
[画像のクリックで拡大表示]

 また同システムは、捜索者の現在の位置情報に加えて捜索者が移動した履歴を併せて記録・表示できる。これにより、捜索した場所と未捜索の場所を容易に判別できるという。