PR

 トヨタ自動車は2022年9月22日、同年10月の生産計画を発表した。グローバルで80万台程度を見込んでおり、内訳は国内生産が約25万台、海外生産が約55万台である。

 同社は2022年8月10日、同年9~11月の世界生産台数計画について、月平均で約90万台と発表していた。今回発表した10月の世界生産台数は、車載半導体不足の影響によって、前回計画から約10万台の減産となる。

 また、2022年10~12月の世界生産台数は、月平均で85万台程度を計画する。「部品供給の状況と仕入先の人員体制や設備能力などを慎重に確認したもの」とトヨタは説明する。

 ただ、2022年度通期(2022年4月~2023年3月)の世界生産計画は、これまでの見込み台数(約970万台)を変更しなかった。

 なお、今回の生産調整に伴い、国内の完成車工場の全14工場(28ライン)のうち、7工場の10ラインで断続的に生産を停止する。生産調整の影響台数は約7万台である。

 SUV(多目的スポーツ車)の「RAV4」や「ハリアー」を生産する高岡工場の第2ラインと、RAV4やプラグインハイブリッド車(PHEV)「RAV4 PHV」を生産する豊田自動織機の301ラインと302ラインでは、最長12日間生産が止まる()。

国内完成車工場における生産調整計画(2022年10月)
表 国内完成車工場における生産調整計画(2022年10月)
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]