PR

 セブン―イレブン・ジャパンは2022年9月23日、全国の店舗で発生しているチケットサービスに関するシステム障害の原因を明らかにした。新しいイベントチケットの取り扱いを始めるに当たって、「データの切り替えが正常に作動しなかった」(同社)ことが原因という。9月24日午前9時35分時点で復旧していない。

セブンイレブン店舗で各種チケットの発券ができないことを知らせる張り紙
セブンイレブン店舗で各種チケットの発券ができないことを知らせる張り紙
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、システム上の設定変更を順次進め、復旧を急いでいる。同社はセブンイレブン店舗でチケット発券ができない顧客に対して、携帯電話の画面やレシートなどチケット購入や予約確認を証明できるものがあれば、会場などに原則として入場可能としている。

 システム障害は9月23日午前1時すぎに発生した。全店に当たる約2万1000店で、スポーツ観戦などのチケットを発券できなくなった。

関連記事: セブンイレブンでシステム障害、約2万1000店でチケット発券できず