PR

 NECはGIGAスクール構想の一環で生徒に配布した学習用端末について、利用時間や操作頻度などを可視化するクラウドサービスの販売を開始した。教員は個々の生徒の学習状況をデータとして確認できる。主に自治体や学校法人に向け、2022年10月下旬にサービス提供を始める予定だ。同社が2022年9月14日に発表した。

「学びの様子見える化サービス」の画面例
「学びの様子見える化サービス」の画面例
(画像:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 新たに提供する「学びの様子見える化サービス」は、端末利用時間やアプリ・Webサイトの利用履歴、端末の操作頻度などのデータをグラフなどの形で可視化できる。さらに、教員から生徒に対するアンケート機能を備える。これにより、教員は「授業の振り返り」や「学校の内外での学習」といった生徒の学習状況を具体的に把握でき、個々の生徒に合った学習指導につなげやすくなる。

 本サービスはNECのChromebook端末「NEC Chromebook」や教育クラウドサービス「Open Platform for Education」と連携して利用できる。NECは今後も文部科学省が提言する「個別最適な学び」などの支援につながる機能を追加する予定で、2025年度までに累計5億円の販売を目指している。