PR

 ガートナージャパンは2022年9月26日、「日本におけるセキュリティ (インフラ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2022年」を発表した。リモートワークの拡大やクラウドサービスの利用増加に伴い、企業を脅かすランサムウエアの被害などセキュリティーインシデントが増加傾向にあると指摘している。

ガートナージャパンが発表した「日本におけるセキュリティ (インフラ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2022年」
ガートナージャパンが発表した「日本におけるセキュリティ (インフラ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2022年」
(出所:ガートナージャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 ハイプ・サイクルは技術がどのように浸透していくのかを表し、黎明(れいめい)期、「過度な期待」のピーク期、幻滅期、啓発期、生産性の安定期ーーの5つのフェーズから成る。2022年版で新たに追加された5つのセキュリティーに対する取り組みのうち、「ASM(アタック・サーフェス・マネジメント)」「CSMA(サイバーセキュリティ・メッシュ・アーキテクチャ)」の2つが黎明期に入った。残りの3つ「セキュリティ・レーティング・サービス」「BAS(侵入/攻撃シミュレーション)」「SSE (セキュリティ・サービス・エッジ)」は「過度な期待」のピーク期に分類される。

 ガートナージャパンのリサーチ&アドバイザリ部門でバイス プレジデント兼アナリストを務める礒田優一氏は「セキュリティーへの投資を検討している組織は、急速なデジタル化の進展と脅威の変化に対応するために、取り組みの優先順位を定期的に調整すべきだ」とコメントを発表している。