PR

 NECは2022年9月27日、ヒアラブル端末とクラウド基盤を通じて生体認証機能や装着者の見守り機能などを提供する法人向けソリューションを、10月から販売すると発表した。テレワーク環境はもちろん工場や工事現場など幅広い利用シーンを想定している。

NECがフォスター電機と共同開発したヒアラブル端末
NECがフォスター電機と共同開発したヒアラブル端末
(写真:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 生体認証の1つである「耳音響認証」の機能を提供する点が特徴だ。フォスター電機と共同開発した完全ワイヤレス型のヒアラブル端末と、クラウド基盤上のソフトウエアを組み合わせて実現する。耳音響認証は耳穴からの反響音特性の個人差を基に個人を特定する技術。マスクや手袋、眼鏡を着用していても利用でき、耳の内部の構造を利用して認証するため詐称が難しいというメリットがある。NECは、例えば在宅コールセンターにおいてオペレーターの個人認証に用いるなどテレワーク環境でのセキュリティー対策強化につながるとしている。

 ヒアラブル端末は音声通話時に周囲の騒音も取り込んで騒音成分を打ち消すアクティブ・ノイズ・キャンセリング機能も備える。工場や工事現場などで発生する大きな騒音をカットでき、音声認識エンジンを活用した音声のテキスト化やシステムへの音声指示といった用途に使えるという。デバイス内蔵のモーションセンサーや温度センサーなどからのデータをクラウド上で分析することで、装着者の頭部への衝撃や活動状況の検出、遠隔からの装着者の見守りも可能だ。

快適に会話できるよう周囲の騒音を打ち消す機能を備える
快適に会話できるよう周囲の騒音を打ち消す機能を備える
(写真:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 利用料金はユーザー1人当たり月額3800円(税別)から。ヒアラブル端末とクラウド基盤の利用料を含む。最小構成は30ユーザーで契約期間は2年から。ヒアラブル端末は2020年にマクアケのクラウドファンディングサービス「Makuake」を通じて一般消費者向けに販売した製品で、新たに法人向けソリューションとして提供することにした。