PR

 シンガポールに本社を置くDataGateway(データゲートウェイ)は、炭素排出量計算の効率化と機密情報保護、真正性確保を実現するシステムを開発する。温暖化ガスの排出量計算と報告の基準「GHGプロトコル」において、取引先など自社以外の排出量が対象の「Scope3」を想定したもの。炭素排出量の把握に当たり、不要な機密情報開示を減らすことを目的としている。

DataGatewayのプレスリリース

 この取り組みは、デジタル庁が公募した「Trusted Webの実現に向けたユースケース実証事業」に採択された。開発するシステムでは、分散型IDの活用などによって、情報を改ざんできなくするとともに、トレーサビリティーを確保。秘密計算を組み合わせることで、機密情報を保護しながらサプライチェーン全体での炭素排出量を計算したり、情報を共有したりできるようにする。情報の非改ざん性は、IoT(モノのインターネット)機器を用いた情報取得や、ブロックチェーンとひも付けた管理で確保する。データ自体を暗号化し、ローカルストレージに保存。検証は、分散型IDを組み合わせることで可能となる。情報開示時には秘密計算・ゼロ知識証明を用い、暗号化した状態で情報共有することで、真正性を担保する。

 炭素排出量データの入力を手作業で行った場合、正確性の担保は難しい。サプライチェーン全体での炭素排出量を計算するScope3では、他社に機密情報を開示することで、不利益が発生する恐れもある。従業員の行動に起因する炭素排出量の計算では、個人情報保護法も順守しなければならない。このシステムを活用することで、こうした課題を解決できるとしている。

開発を目指す炭素排出量計算・共有システムのイメージ(出所:DataGateway)
開発を目指す炭素排出量計算・共有システムのイメージ(出所:DataGateway)
[画像のクリックで拡大表示]