PR

 ルネサス エレクトロニクスは、車載ソフトウエアの新たな統合開発環境の提供を始めたと2022年9月27日に発表した ニュースリリース 。SoC(System on a Chip)やマイコンなどのプロセッサーICを複数搭載したECU(Electronic Control Unit)のソフトウエア開発に向けたものである。

 新しい統合開発環境を活用することで、ソフトウエア優先の開発手法「ソフトウエアファースト」とハードウエアのない早期からソフトウエア開発に着手する手法「シフトレフト」の2つの実現が容易になるという*。第1弾として、車載SoC「R-Car S4」と車載マイコン「RH850/U2A」に対応した統合開発環境の提供を開始する。この統合開発環境は、次の4つの要素で構成される。(1)「マルチデバイス用協調シミュレーション環境」(2022年9月27日に提供開始)、(2)「マルチデバイス用デバッグ&トレースツール」(2022年9月27日に提供開始)、(3)「ソフトウェア開発向け高速シミュレータ」(2022年12月より提供開始予定)、(4)「マルチデバイス用分散処理ソフトウェア」(2022年12月より提供開始予定)である。4つの要素の概要は以下の通り。

 (1)のマルチデバイス用協調シミュレーション環境は、SoCやマイコンなど個々のプロセッサーICに提供してきたシミュレーター(R-Car Virtual Platformなど)群を統合し、連動させたものである(図1)。この環境を使うことで、ECU全体の設計最適化や検証が可能になるという。また、MATLAB/Simulinkモデルから、プロセッサーIC用のソフトウエアコードと、検証するためのシミュレーション環境を自動生成する開発ツールも提供する。これにより、ユーザーは、実ICやECUの試作前に動作検証やアプリケーション開発を進めることが可能になるとする。

図1 「マルチデバイス用協調シミュレーション環境」の構成例
図1 「マルチデバイス用協調シミュレーション環境」の構成例
(画像:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 (2)のマルチデバイス用デバッグ&トレースツールを使うことで、ECUに搭載した複数のプロセッサーICに対して、同時かつ同期した実行、ブレーク制御や、トレース情報の取得が可能になる。これにより、複雑に連携する複数のプロセッサーICのソフトウエアの動作や処理フロー、性能プロファイル、問題点などがECUの実機上で容易に確認できる。今後、(1)のマルチデバイス用協調シミュレーション環境においても、マルチデバイス用デバッグ&トレースツールの機能を提供予定で、ECUの実機がなくてもコンピューター上でデバッグ&トレースが可能になるという。

 (3)のソフトウェア開発向け高速シミュレータを使うことで、ECU全体の大規模なシミュレーションを実行できるとする。このソフトウェア開発向け高速シミュレータは、オープンソースの仮想環境「QEMU」をベースとし、時間概念を考慮しない高い抽象度でSoCやマイコンをモデル化している。これによって、ECU全体の大規模シミュレーションの高速実行を可能にするという。

 (4)のマルチデバイス用分散処理ソフトウェアを使うことで、アプリケーションの機能を複数のプロセッサーIC内部のCPUコアやIPコアへ分散して最適に配置できるという(図2)。これによって、プロセッサーICのハードウエアが持つ性能を最大限引き出すことができるとする。また、ソフトウエア開発者はECUのハードウエア構成を意識しなくとも、新たなアプリケーションを次々と開発することができるようになるという。例えば、AI(人工知能)/機械学習処理性能を向上させるために、既存のECUにAIアクセラレーターICを追加するなどハードウエア構成が変更になった場合でも、追加IC用にアプリケーションを開発し直す必要がないとしている。

図2 「マルチデバイス用分散処理ソフトウェア」の活用例
図2 「マルチデバイス用分散処理ソフトウェア」の活用例
(画像:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]