PR

 ルネサス エレクトロニクスは、ベトナムのEV(電気自動車)メーカー「VinFast」(ビンファスト)と戦略的協業することで合意したと、2022年9月26日に発表した ニュースリリース 。かねて両社は車両のインフォテインメントシステムで協業してきており、今回、協業を拡大することになった()。

図 ベトナムのハイフォン市にあるビンファストの工場で行われた戦略的協業の調印式
図 ベトナムのハイフォン市にあるビンファストの工場で行われた戦略的協業の調印式
ルネサスの代表取締役社長兼CEOの柴田英利氏や、VinFastのグローバルCEOのLe Thi Thu Thuy(レ・ティ・トゥ・トゥイ)氏らが出席した(写真:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 すでにVinFastの新型EV「VF8」と「VF9」にはルネサスの車載用SoC(System on a Chip)「R-Car」やアナログ製品が採用されている。今回の協業拡大により、ルネサスはVinFastにSoCやマイコン、アナログ&パワー半導体などの幅広い製品を提供する。またルネサスは、VinFastが将来の車載用アプリケーションやモビリティーサービスを開発するための技術サポートも提供するという。

 VinFastは、これらのルネサスが提供する製品やサービスによって、新しいEVの開発と市場投入を加速し、年間生産・売上台数の積極的な拡大を目指す。両社は今後、製品開発のロードマップ、市場の動向や要求、プロジェクト実施の進捗状況、新たな協力の機会などを定期的に共有してく。

 ルネサスは、2004年にホーチミン市にベトナム初の半導体設計拠点を設立している。2022年4月にはダナン市にも拠点を開設した。同社代表取締役社長兼CEOの柴田英利氏は次のようにコメントしている。「我々はベトナム経済の発展とともに人材の拡充や事業の成長を推進している。今回の戦略的協業を通じて、世界へ飛躍しようとしているVinFastと協働できることをうれしく思う。EVの普及により、環境に優しく安全で持続可能な社会の実現に共に貢献していく」(同氏)。なおルネサスによれば、VinFastはベトナム初のグローバルEVメーカーだという。