PR

 NTTドコモは2022年9月28日、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などのXR(Extended Reality)事業を推進する新会社「NTTコノキュー」を設立したと発表した。NTTグループ各社で進めてきたXR事業をNTTコノキューに集約し、拡充する予定だ。事業開始は10月1日。資産規模は600億円、従業員数は約200人で、順次増強していく。

NTTコノキューの丸山誠治社長
NTTコノキューの丸山誠治社長
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTコノキューではメタバース、デジタルツイン、XRデバイスの3事業を柱に掲げる。メタバース事業では「XR World」などを提供する。XR Worldはブラウザーから接続でき、アバターを介して映像を視聴したり、アバター同士でコミュニケーションを取ったりする。デジタルツイン事業では「XR City」として、商業施設や観光地でARコンテンツを提供する。

 XRデバイス事業では自社デバイスの開発を進める。メタバースやデジタルツインと併せて提供することで、顧客体験の向上を目指す。NTTコノキューの丸山誠治社長は開発予定のデバイスについて「色々なデバイスを想定し検討を進めている」とした。