PR

 NECは2022年10月7日、ベクトル型スーパーコンピューター「SX-Aurora TSUBASA」の新モデルを同日から販売すると発表した。CPUのコア数を従来の10コアから16コアに増やし、3次(L3)キャッシュをシリーズで初搭載したことなどで、演算性能を従来機比で2.5倍に高めた。価格は2億500万円(税別)からで、2024年度までに100億円の売り上げを目指す。機器の納入は2023年3月31日から予定する。

SX-Aurora TSUBASA C401-8
SX-Aurora TSUBASA C401-8
(画像:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 新モデル「SX-Aurora TSUBASA C401-8」はデータセンターでの利用を想定している。搭載するベクトルエンジンは、従来機比でプロセッサ性能とメモリバンド幅を1.6倍に、メモリー容量を2倍に高めた。消費電力を抑えながら演算性能を高めたことで、電力効率は2倍になったという。

 NECはこれまでHPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)を研究領域を中心に販売してきた。SX-Aurora TSUBASAを利用した、国立研究開発法人海洋研究開発機構が運用する「地球シミュレータ」が代表的だ。新モデルは既に東北大学のサイバーサイエンスセンターが2023年8月に運用を始める大規模科学計算システムでの採用を決めている。

 同日NECが開いた記者会見で、同社の浅田洋祐システムプラットフォームビジネスユニットAurora・量子コンピューティング販売推進グループディレクターは、HPC事業について「(スーパーコンピューターの)アーキテクチャーを増やしたり小型化をはじめ製品形態を変えたりして産業分野など他の領域への展開を狙っている」とした。そのうえで「一般ユーザーへのリリース時期は現時点で未定だが、SX-Aurora TSUBASAをクラウドで利用できるビジネスモデルも検討している」と話した。