PR

 リビングロボット(福島県伊達市)は、同社の多機能小型ロボット「見守りウィーゴ」の介護分野への展開に向けて、藤田医科大学と共同研究・実証実験を行う。企業への開発・実用化支援で実績のある同大学の協力を得て、高齢者をはじめ全世代の日常生活を手助けするロボットを開発。医療施設や介護施設への導入を目指す。

ニュースリリース

 共同研究では、音楽療法を取り入れる。音楽を聞いたり演奏したりする際の生理的・心理的・社会的な効果を応用して、心身の健康回復、向上を図る音楽療法をロボットで提供。音楽に合わせてダンスする機能や、共に演奏などができる機能、ロボットの動きや目の光、効果音などを組み合わせたコンテンツなどを開発し、その効果を検証する。

 リビングロボットは、パートナーロボットや関連技術の開発を行っている。ロボットに関しては、見守りウィーゴの他に、プログラミング教育を支援する「あるくメカトロウィーゴ」や、匂いに関する技術を活用したセンサーなども手掛けている。

多機能小型ロボット「見守りウィーゴ」の介護分野への展開を目指す(出所:リビングロボット)
多機能小型ロボット「見守りウィーゴ」の介護分野への展開を目指す(出所:リビングロボット)
[画像のクリックで拡大表示]