PR

 NECソリューションイノベータ(東京・江東)と倉敷中央病院(岡山県倉敷市)は、生活習慣病の発症リスクを予測するAI(人工知能)を共同で研究する。健康診断結果を基に将来的な疾患発症リスクを予測し、最適な検査の推奨や生活習慣改善策の提案などに生かす。

ニュースリリース

 倉敷中央病院が保有する約45万人分のカルテと同病院付属予防医療プラザが保有する過去10年分の健康診断情報をAIに学習させ、現在の健康診断結果から未来の生活習慣病発症リスクを予測する。NECソリューションイノベータの予測技術を活用する。開発時に使用するカルテおよび健康診断の情報は、個人を特定できない状況に加工(匿名加工)する。

 まず、心筋梗塞や脳梗塞などの循環器疾患、糖尿病などの内分泌疾患を対象とした開発を進める。その後、腎疾患や肝疾患への拡大を検討する。

 倉敷中央病院では、このAIを、人間ドックやオプション検査など最適な検査の推奨、生活習慣の改善など、オーダーメードの予防プラン立案に役立てる。NECソリューションイノベータは、「NEC 健診結果予測シミュレーション」サービスへの導入などに取り組む。

開発するAIの活用イメージ(出所:NECソリューションイノベータ)
開発するAIの活用イメージ(出所:NECソリューションイノベータ)
[画像のクリックで拡大表示]