PR

 AI(人工知能)を用いたサービスなどを手掛けるKDDIテクノロジーはサビの自動検出技術、および濃度・腐食面積率を分析する技術を開発した。画像認識AIを活用し、点検作業効率化と分析精度向上を狙う。2022年10月19日に発表した。

 新技術でできることは3点ある。1点目はサビの自動検出だ。画像サンプル約7600枚を基にしたディープラーニング(深層学習)により、画像中のサビの領域を検出するエンジンを開発した。

 2点目はサビの濃さの定量化だ。サビの明度と彩度の情報から、独自の物理モデルを用いて濃度値を計算する。人が目視で感じる濃さに近い値を算出可能という。また、サビの濃さ薄さをグラデーションで表示することで、サビの色の状態を詳細に分析可能という。

 3点目はサビの腐食面積率の分析だ。画像全体に対するサビの割合を自動計算し数値化する。

検出システムの表示イメージ
検出システムの表示イメージ
(出所:KDDIテクノロジー)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は今後に向けて、電力鉄塔などの点検時に濃度・腐食面積率を用いてサビの劣化度を4段階で自動判定できるサービスを開発中としている。2023年1月以降の商用化を目指す。