PR

 大阪大学は2022年9月23日、幸福や愛情などを感じた際に脳内分泌される「オキシトシン」を高感度に検出できるセンサーを開発したと発表した。生きた動物の脳内からオキシトシン濃度変化をリアルタイムで計測できる。精神疾患の病態解明や治療法開発につなげられる可能性がある()。

図 幸せホルモンを検知するセンサーの概要
[画像のクリックで拡大表示]
図 幸せホルモンを検知するセンサーの概要
脳内分泌される「オキシトシン」の役割はまだ謎が多く、近年世界中で活発に研究が繰り広げられているという(出所:大阪大学)

 オキシトシンは不安やストレスの緩和、食欲・代謝制御に大きく関わり、自閉スペクトラム症や統合失調症を治療する“カギ”としても注目が集まる。一方で、 「感度よく捉えることは既存手法では困難」(大阪大学)だった。

 大阪大学 大学院 医学系研究科 特任講師の稲生大輔氏らが開発したのは、オキシトシンに対し最大約8倍もの蛍光強度変化を示す蛍光センサー†である。実験では、同センサーをマウスの脳に導入。薬物投与や光刺激による人為的な脳内オキシトシンの上昇だけでなく、外界からの刺激に対するオキシトシン濃度制御についても観測できたとする。

†蛍光センサー=対象の分子が結合すると明るさが変化するセンサー。生きた細胞での対象分子の濃度変化を経時的に計測できる。

 大阪大学は今後、「オキシトシンと関連が示唆されている生理機能や病態はまだたくさん残されている」とし、開発したセンサーを幅広い研究への応用につなげることを目指す。